同窓会会則

福岡県立筑前高等学校同窓会会則:平成21年10月10日施行

第 1 章 総 則

(名称、事務局所在地)
第1条 本会は、福岡県立筑前高等学校同窓会と称し、事務局を福岡市西区大字千里111-1に置く。

(目的)
第2条 本会は、会員相互の親睦研鑽を深め、母校の発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 総会の開催
(2) 各期同窓会の育成
(3) 地域同窓会支部の育成
(4) 会員名簿の作成
(5) 会報等の発行
(6) 創立記念事業の実施
(7) その他本会の目的を達成するために必要な事業

(本部・事務局・支部)
第4条 1 本会は、その本部及び事務局を福岡県立筑前高等学校内に置く。
2 本会会員多数の居住する地域には、支部を設置することが出来る。
3 支部を設置する場合は、その支部名・事務所並びに支部役員を定め本会に通知し、理事会の承認を得なければ
  ならない。

第 2 章 会 員

第5条 本会は、下記の会員で組織する。
(1) 通常会員 福岡県立筑前高等学校卒業生
(2) 賛助会員 福岡県立筑前高等学校を中途転退学し、入会を希望するものは、理事会の承認を得て会員と
   なることが出来る。
(3) 特別会員 福岡県立筑前高等学校現旧教職員

第 3 章 役 員

第6条 1 本会に次の役員を置き、その任務はそれぞれに掲げるとおりとする。
(1) 名誉会長 福岡県立筑前高等学校校長とする。
(2) 会  長 会を代表し、会務を統括する。
(3) 副 会 長 5名以内  会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。
(4) 校内幹事 若干名 福岡県立筑前高等学校卒業生で福岡県立筑前高等学校職員。
   不在の場合は福岡県立筑前高等学校職員より選出
(5) 会  計 3名  うち、1名は、福岡県立筑前高等学校事務長とする。
   会費及びその他の収入を収納し、正規の手続きを経て支出を行い、一切の収支を正確に記録し出納事務を掌る。   また、会計監査を経た決算報告書を総会に提出する。
(6) 書  記 5名程度 別に1名は、福岡県立筑前高等学校企画広報課主任とする。
   諸会議の連絡並びに議事を記録し、関係書類を保管する。
(7) 理 事 長 理事会を総理する。理事長不在の場合は会長が兼務する。
(8) 常任理事 20名 正副会長と共に役員会を構成し、本会の会務を処理する。
(9) 理  事 40名以内 理事長及び常任理事の指揮のもと、本会の運営に当たる。
(10) 幹  事 各卒業期 各クラス2名 各会員の連絡に当たる。
(11) 監  査 2名  会の運営及び経理事務を監査し、総会に報告する。
(12) 顧  問 会長は、必要に応じて顧問を委嘱することが出来る。
(13) 任期 本会の会長、副会長の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。また、役員の選出は、
    会長の指名とする。

第 4 章 総 会

第7条 1 総会は、本会の最高議決機関である。
2 総会は、定例会及び臨時総会とする。
3 総会は、全て会長が召集する。
第8条 1 定例総会は、原則として毎年開催するものとする。
2 臨時総会は、会長が必要と認めた場合、役員会の承認を得て開催することが出来る。

第 5 章 会 議

第9条 役員会は、会長、副会長、会計、書記、理事長及び常任理事で構成し、予算案、会則改正案及び本会運営上重要な事項を審議し、理事会に諮るべき議案を作成する。
第10条  理事会は、役員・理事長・常任理事及び理事で構成し、下記の事項を審議する。
(1) 役員会より提出された議案について審議決定する。
(2) 会長の付託事項を審議する。
(3) 通常会員の中から会長を選出する。
(4) 支部設置・賛助会員の承認
第11条 理事会は、本会運営上重要事項で、かつ議決に急を要する場合、理事会の議決をもつて、臨時総会の議決に替えることができる。この場合、次期総会において報告しなければならない。
第12条 会議はすべて会長が召集し、議決は会の出席者の過半数の承認により成立する。

第 6 章 会 計

第13条 本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。
第14条 本会の予算は、役員会で立案し、総会の承認を得なければならない。
第15条 会費は、在学中に納入したものをもって、終身会費とする。

第 7 章 弔 事

第16条 会員・役員・旧役員・本校職員および旧職員の弔事には弔電を出す。
また名誉会長・旧名誉会長・会長・旧会長および本校職員の場合は15,000円以内の生花を捧げる。

第 8 章 補 則

第17条 新入会員の入会式は、原則として2月末日に行う。
第18条 会員は、住所、氏名に異動が生じたときは、事務局に報告しなければならないものとする。
第19条 本会則は、昭和60年8月4日より施行する。

付 則

この会則の一部を改正する会則は、平成21年10月10日から施行する。